アメリカでのアパートメント事情

私はアメリカのワシントン州に約5年ほど滞在しておりました。滞在中はアパートメントを賃貸しておりましたが、その中で気づいた点を述べたいと思います。

 

アメリカのアパートは家具が付いている。

日本では何も無い空っぱの状態で部屋を借りますが、アメリカでは事前にベットやソファー、洗濯機等が備え付けられており、

1から買い揃える必要がなく、非常に便利でした。

 

セントラルヒーティングで部屋中が暖かい。ワシントン州はとても寒い所なので、暖房設備がしっかりとしており、外気温が0度以下の日でも、室内では半袖で過ごせる程に暖かく快適でした。これは日本のアパートとは大きく違うと思います。

 

家賃に水道代と光熱費が含まれている。

また、敷金、礼金の制度もない。

これも日本のアパートとは大きく違う点だと思います。敷金、礼金などはなく500ドル程を預かり金として預けるだけです。

よって、日本に比べて、引っ越しが容易に出来ると思います。

 

欠点として気づいたのは、壁が薄く隣の雑音が聞こえてしまうことでしょうか。

5年間の滞在中に3回引っ越しをしましたが、どのアパートも結構、雑音が聞こえました。勿論、私が偶々、運が悪く、そういうアポートを選んでしまったのかもしれませんが。

 

以上が、私が経験した、アメリカのアパートメント事情です。

PR|愛知県で豊富なデザインの輸入住宅|