輸入住宅は贅沢か。無駄も視点を変えれば重要に

PR|北欧スタイルの省エネ住宅を建てる|

住宅は、多くの方の夢の一つと思います。私もいつか住宅を手にしたいと考えていました。輸入住宅や注文住宅を購入する場合に、一般に、住宅ローンが必要な場合が多いと思います。私も住宅ローンを契約して、住宅を手に入れました。この住宅ローンの契約が、金額も大きいために決断が、容易にできるものではありません。私も賃貸住宅から住宅への切り替えは、容易なものではありませんでした。

住宅を購入すると決心したタイミングは、住宅ローンの返済期間の上限35年が選択できない年齢に達した事と子供が小学校に入学するタイミングであった事が理由になります。

住宅は、大きく輸入住宅や注文住宅・マンション・建売があると思います。それぞれ、メリット・ディメリットがあると思います。つまり、どれを選択しても一長一短があり、選択した結果は、その家に居住する住人が、よいと感じるか感じないかが全てと思います。

私が注文住宅を選択した理由は、家族でホームシアターを楽しむための部屋が作りたかった点・子供部屋に少し遊び心を持たせたかった点・キッチンとリビングの動線に拘りたかった点・家庭菜園のスペースを確保したかった点などがあります。自由設計の輸入住宅でも同じです。これらを実現するために、土地探しからはじめる必要がありました。

私の注文住宅の自慢は、大画面と迫力ある音響で楽しむホームシアターです。映画などを視聴すると映画館並みとはいきませんが、迫力あるもので満足しています。輸入住宅のような外国風の設計も可能ですし、家庭菜園も季節毎に色んな野菜などを植えたり・収穫したりと家族で楽しめるのとてもよいと思います。

逆に注文住宅で後悔したことは、住宅の床面積に対する廊下の割合が比較的大きいために、無駄なスペースになったと感じています。輸入住宅でもよく見られますが、ゆとりを持った、間仕切りの少ない設計がありますよね。一方で、このようなスペースの使い方は、贅沢かもしれません。はじめは、このスペースを後悔していました。しかしながら、この無駄なスペースに花を飾ったりすると素敵なスペースに変貌します。現在は、無駄であったスペースも重要なスペースへと格上げになっています。

PR|サプリメント|JALカード|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|お小遣いNET|心の童話|童話|家計見直しクラブ|住宅リフォーム総合情報|初値予想|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|GetMoney|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|