輸入住宅の価格を安くするコツ

海外の生活にあこがれている時は輸入住宅を選ぶと生活の拠点として住みやすく、家族で相談して間取りやデザインを決めると効果的です。輸入素材は現地のメーカーの状況で流通の動向が変わり、不具合が起きて交換やリフォームに対処できるようにしないと後悔する羽目になります。輸入品は現地の為替レートや運送費用などで変わり、見積もりをしてから決める方法が望ましいです。

輸入住宅は海外で暮らしているような雰囲気を味わえ、こだわりを持って間取りを決めると良いものです。ハウスメーカーに依頼する時はモデルルームを見学し、素材の特徴やメンテナンスの仕方を確かめて決めると安心できます。

輸入住宅の価格を安くするコツは為替レートの動向を確かめ、依頼先が自社で設計や施工などを行っていると余分な経費がかからないため効果的です。家を建てる時は経費の特徴を分析してから決め、メンテナンスをしやすくするなど注意すべき点を確かめてらいすることが求められます。

我が家の近隣の輸入住宅

私は、田舎の閑静と言われることもある住宅地住まいで、ご近所は60坪〜80坪くらいの土地にお住まいの方々がたくさんいらっしゃいます。

私がこちらに引っ越してきたのが、15年ほど前で、その頃は岡崎市に輸入住宅はあまり建っていなかったのですが、土地がまた造成された10年近く前から急に輸入住宅を建築される方々が増えてまいりました。その多くがスエーデンハウスです。特徴的な住宅なので一目でわかります。木製枠の大きな窓、それも外国に見られるフランス窓から直接ウッドデッキに出られるようになっていてお洒落なデザインなのです。

外壁もウッド調の木目が入ったナチュラルなテイストで、色も青系、白系、赤系など北欧的な家が建ち並びお洒落な街並みになっています。
私の住む地域は寒いので暖炉用にか、薪が家の横に積まれていたりして、ここは外国かなと錯覚するほどです。
この外観を目にすると多くの方が惹きつけられるのもわかります。

また、寒い国の家だけあって高断熱高気密の家だそうです。冬場は暖かいそうです。
夏場は、気密性が高いので各部屋にエアコンがあれば安心なようです。

やはり輸入住宅は、元々作られた国に合わせて作られているものなので、多少は日本の住宅事情に合わない部分もあるかもしれません。
しかし、それを上回る魅力があるので
年々輸入住宅を建てられる方が増えているのだと思います。私も建て替えの機会があれば住んでみたいものです。

北欧住宅の魅力について

現在、輸入住宅が多くの人から注目を集めています。最近オシャレな洋風注文住宅が豊田市でも増えてきました。これまでは日本家屋が一般的でしたが現在は輸入住宅でヨーロッパスタイルの住宅や北欧風の住宅が人気を集めています。日本住宅と比べて大きな魅力は、お洒落なデザインにあります。カフェのようなお洒落な内装や外装デザインや欧風インテリアにも合わせやすいためとてもお洒落な家づくりが出来ます。外観は可愛くてお洒落な見た目になるため特に女性から人気を集めています。我が家は、輸入住宅ではありませんが北欧風スタイルの魅力あるマイホームを作る事が出来ました。従来の日本家屋が和風であるのに対してヨーロッパスタイルはデザインがお洒落でした。こだわりのあるデザイン住宅をマイホームにしたい場合には、輸入住宅や北欧風、ヨーロッパスタイルといった家を選択すると良いと思います。今までは日本家屋が多かったですが、これからは輸入住宅やヨーロッパ風のマイホームも多くなっていく事が予測されます。

あまり需要がない輸入住宅

輸入住宅というのは海外の様式の住宅、建築法などによって作られる住宅です。豊田市で一番人気の輸入住宅ともいえるのがカナダとか北欧式の住宅であり、一つの大きな分類になっているほどです。要するに海外風の住宅が欲しいという人にお勧めできるわけですが、実は中華風というのもあります。特に江南あたりの住宅はそれはもう赴きがあります。山水画に出て来るような住宅であり、かなり見栄えがするのは確かですが、はっきりいって日本ではまったく人気がないタイプになります。広い土地が必要になりますし、何かと面倒な生活様式にもなりますから、あまり普及していないです。やはりヨーロピアンスタイルが最も人気がある輸入住宅のタイプであるといえるでしょう。人気がある、ということは輸入されている数やルートもたくさんあるということになりますから、実はコスト的にもお得になっていることが多いです。その点もあってやはり欧米風の輸入住宅が基本的にお勧めです。

外観で立体感を感じる輸入住宅が好き

家を見た時に、その家が大きいと思うとそれだけであこがれの家となりますね。そんな時、日本の家よりも、圧倒的に大きいと思えるのはなんといってもツーバイフォーで地震に強い家、輸入住宅です。大きな家だと住んでみたいと思うことは、当たり前のことですね。

 

そしてもう一つ、これはいいなと思うところとして輸入住宅の外観で立体感を感じるというところです。ぱっと見た時に、屋根が多いと思うのです。とんがった屋根が特徴的で、それが立体感があるように設計されています。その中は、きっと天井がとても高くて開放感のある部屋なんだろうなと想像することができますね。

 

そして日本の家と違うところとして、家の輪郭がきちんとわかりやすいということです。白い輪郭があるので、家としての存在感をしっかりと感じることができます。ぼやけていないセンスの良い家という、そんな印象です。そのことから、一度輸入住宅を見ると良い印象が目に焼きついてしまうことも当然と思うようになっています。